現実的な取引

14日間ビリヤード上達プログラム > 日記 > 現実的な取引

現実的な取引

2014年11月 7日(金曜日) テーマ:日記

特定調停による方法も任意整理による方法と同じように、貸し手に債務の返済を行っていくことを選択した債務整理の方法となります。

分かりやすく説明すると裁判所が関与する借金の整理ということができます。

 

特定調停も先の方法と似ていて自己破産とは違いある部分のみのお金のみを整理することができるため他に連帯保証人が関与している負債を別として手続きをしていく際や自動車ローンを別として手続きしたい場合等においてでも使うことが可能になりますし、全ての財産を手放してしまうことは求められませんので、株式や有価証券自分名義の資産を所有しているものの手放したくない状況であっても有力な選択肢になる債務整理の手続きになります。

 

ただ、手続きを取った後の返済に必要な額と現実の収入額を比較して、おおむね返済の目処が立てられるのであればこの方法で手続きで進めることは問題ありませんが破産手続きと違って借金そのものがなくなってしまうということではないため負債の総額がだいぶある場合には、現実にはこの特定調停という方法を取るのは困難になるといえるでしょう。

http://www.yashichi7.com/

また、この特定調停は司法機関が間に入るため弁護士などのプロに依頼しなくても不利になるようなことはないという点とか諸経費をおさえられるという良いところがありますが、債権者それぞれの取り立てに対し本人が説明する必要があることに加え裁判所に何回もおもむく手間がかかるなどといったデメリットもあります。

 

なお、任意整理と比較してみると解決が得られないような際は借入利息をすべて含めた金額で返していかなければいけないといった点や最終的には債権を持つものへ払っていく総額が任意整理による手続きより増える傾向がみられるというような留意点もあります。

 



関連記事

結婚調査|相手に慰謝料を請求するときに求められる条件に達していなければ...。

結婚調査|相手に慰謝料を請求するときに求められる条件に達していなければ...。

2016年9月 4日(日曜日)

現実的な取引

現実的な取引

2014年11月 7日(金曜日)

テスト

テスト

2014年5月23日(金曜日)