最終的な判断

14日間ビリヤード上達プログラム > くらし > 最終的な判断

最終的な判断

2014年11月 7日(金曜日) テーマ:くらし

ついにエントリーする時という場面では何をおいても準備を怠ってはならない。

 

売買を始める前、出来事を理性的に観察する事ができるゆとりがあります。

 

しかし、ひとたび市場の内側へ足を踏み入れるとどうあがいても受け取り方が客観性を欠くものになる場合があり、往々にして真っ当な判断を下せなくなる可能性があります。

 

それだけに己のメンタルが理性的なうちにしっかりと事前準備が必要です。

 

"事前準備"するためには、とにかくあなただけのシナリオを記す事から行います。

 

投資環境は上がる(または下がる)から、豪ドルを勝負するみたいな、あなたなりの台本を書いていきます。

 

次に重要なのはローソク足チャートをチェックしよう。

 

以前の市場の上下動を見極めて、相場を確認する。

 

そうしたら、「今のところなかなか安い状態だ」もしくは「すでに多くの方が買い(あるいは売り)に動いているからこれから先自分か売買しても今となってはなすすべがない」などと納得できます。

 

当たり前ですがもはや買い(または売り)するのが手遅れだなと思ったら、何もせず、その状況では潔くあきらめることか肝心です。

 

無理に自らの筋書きを引き下げないで、無理に新しく注文すると、外国為替相場に跳ね返されて、損失を被ることになるリスクがあります。

 

とは言うもののたいがいの場面で、準備万端の自らの物語を作り上げていると買い(または売り)が手遅れという状況にはならないでしょう。

 

実際に為替相場が上下動する前の状況のはずです。

 

次に、自らが注文しようと思っている外貨ポジションの上下動をしっかりチェックすることが大事です。

 

仮にドル高になるはずだというシナリオを記したのであれば該当する通貨の上げ下げに注意を払っておきます。

 

市場の変動を注目し始めた場面では、まだドル円ははっきりと推移する気配を見せずちょっとした変化を繰り返しているだけでしょう。

 

だが、その推移をじっと調べていると、あるところで、ドル高へと為替相場が動き始めてくる。

 

この状況でやっと、ドルの新規注文を出すのだ。

 

基本的に、そこまで十分に事前の準備をしておけばそのトレードで稼げる率は結構高まるはずだ。

 



関連記事

体の不調とストレスの関係

体の不調とストレスの関係

2016年3月 1日(火曜日)

最終的な判断

最終的な判断

2014年11月 7日(金曜日)

おまとめローン

おまとめローン

2014年6月29日(日曜日)